世界の野球を比較


それぞれの国によってスタイルが違う野球

野球は意外にも世界各国でプロリーグがあり、優勝するために各球団が切磋琢磨してシーズンを戦っていますが、それぞれ独自のスタイルが確立されています。

例えばアメリカやカナダは非常に投打のバランスが取れていますし、特に日本人と比べても次元が違うパワーでスタジアムのフェンスをポンポンと越える打球は、観ていてものすごく迫力があります。 またキューバやプエルトリコ、ドミニカ共和国などは、投げる方よりもどちらかというと打つ方に重点を置いているのも特徴です。

その中でも特にアジアの野球スタイルは、いわゆる「スモールベースボール」という特徴があります。 パワーでは外国人にどうしても劣ってしまうので、その分足を使って得点を取りに行くというスタイルです。 これはなるべく点を失うことなくやらなければいけないので、投手力や守備力が求められます。

これで日本は第1回と第2回のWBCを制しましたし、韓国や台湾なども日本の手法を積極的に取り入れているようです。 それぞれの国によってスタイルが違うのはすごく面白いですし、世界はまだまだ広いという印象を受けます。


日本の野球はブックメーカーでも人気

メジャーリーグやWBCはもちろんのこと、日本のプロ野球もブックメーカーの対象競技になっており、オッズがでています。交流戦やオールスター、日本シリーズもあります。 開幕前には、優勝チームを当てるオッズもあります。

シーズン中の野球のオッズは、先発ピッチャーで大きく変化します。たとえ優勝候補のチームでも、先発予想ピッチャーが5番手の投手で、対戦相手が最下位のチームのエースだと、最下位のチームでもオッズは低くなります。先発投手に大きく比重を置いているのです。

ブックメーカーの野球にはハンデなどがあり盛り上がります。 用意されているオッズは、ブックメーカー会社によって異なるので、チェックしてみてください。

ページTOPへ戻る