世界の野球ヨーロッパでの歴史とは

ヨーロッパ野球

野球はアメリカ発祥のスポーツで、ひとつのボールと打つバットそして受け取るグラブそして広大な広場に塁を設置し投げたボールをバットで打って点を取り合うスポーツです。 そのプレイ人口は主にアメリカ大陸と中南米そして日本を中心としたアジア各国が範囲となります。

しかし世界を見ると意外にも野球とは縁もゆかりもないヨーロッパでも行っている国があり、その国はイタリアそしてオランダです。 世界で最も広いヨーロッパでイタリアそしてオランダが行っている歴史には悲しい戦争の歴史が関係しています。 第1次世界大戦中において、ヨーロッパで戦渦を広げていたのがソビエト連邦を筆頭とした社会主義国家です。

当然ながらソビエト連邦といった社会国国家の進撃はアメリカやイギリスにとっては好ましくないので、イギリスに近いオランダそして地中海の貿易の中心地であり航路となるイタリアのキエーボに拠点を置くことになります。 そのオランダやイタリアに拠点を置いたことによって、アメリカの軍隊が戦争中の娯楽として野球をやっていたことがその付近に住む人々に広まりオランダやイタリアで数少ないプロリーグ込みの歴史となります。


ページTOPへ戻る