野球日本代表の歴代監督

野球日本代表


野球の日本代表は、近年「侍JAPAN」としていくつかの国際大会に参加しています。 選手たちは必死に戦い多くの好成績を残してきたことにより、その名を世界中にとどろかせました。

また野球日本代表の歴代監督も、アジアだけでなく世界に名を残しました。まず思い出されるのは、オリンピック代表でしょう。 2004年のアテネオリンピックでは、病に倒れた長嶋茂雄監督に代わり中畑清ヘッドコーチが監督を務め、見事銅メダルを獲得しました。 また2008年の北京オリンピックでは星野仙一監督が指揮しましたが、残念ながら4位という成績に終わりました。

そして最も有名なのが、ワールド・ベースボール・クラシックです。 第1回大会では世界的にも有名な王貞治が監督を務め、見事初代王者に輝きました。また第2回大会では原辰徳が監督に就任し、大会連覇という伝説に残る偉業を成し遂げました。

このように野球というものは、選手だけではなく監督にもスポットライトが当たるべきでしょう。 最もストレスのかかるポジションですし、好成績を残したのであれば世間にもっと評価されるべきです。


ページTOPへ戻る