第二次世界大戦中の野球やNPBはどうなってたのか

戦争中


日本の野球には古い歴史がありますが、第二次世界大戦中はどうなっていたのかと気になる方も多いでしょう。 NPB自体は1936年に開始され存在しているのですが、1944年11月から1945年11月に掛けては活動を中止していまして、プロ野球は開催されていなかったのです。

また戦争をしていた国がアメリカ等になりますので英語は敵性語として扱われていましたから試合の中のセーフやアウトといった言葉も日本語に変えて一時期行われていました。

試合内容や試合が中止されただけではなく、多くのプロ野球選手も戦地に赴いたと言われています。 その中でも有名になりますのが、沢村賞というタイトルでも知られている沢村栄治さんなどがそうであり、プロ野球で養った体力や肩などが現地で活かされたとも言われています。

このように第二次世界大戦中でも試合が行われることもありましたが末期になりますと活動は停止しており、多くの選手も戦場に送り出されていたのです。


ページTOPへ戻る