南米野球の歴史

南米野球


ベースボール発祥の地といえば南米です。 キューバが主に名前が挙げられますがその地域周辺に強く根付いています。 歴史的にスポーツに携わってきたせいか、彼らのフィジカルは日本人に比べて強靭な傾向にあります。

南米では先進国とはいいがたい国なので貧困気味です。 なので、子供たちはメジャーリーガーを目指し将来の家計を支えようとする子供にあふれ居ています。 しかし、近年ではベースボールだけでなく日本の野球が認められ始めています。

ベースボールでは力と力のぶつかり合いが主流ですが、野球では相手の弱点を突いたり心理戦や変化球で交わすピッチングなどがあげられます。 弱者が強者に勝つ先方として日本が行っているスタイルは戦い方が大きく異なります。 そんな世界でも認められ始めている野球に憧れ、日本でプレイを希望する南米の選手も近年では増えてきました。

世界でも通用するような選手が日本でプレイする機会が大いに増えてきました。 スカウトが現地にスカウトをしに行く球団もあり彼らの可能性には大きな期待感を持っています。


ページTOPへ戻る