南米の野球の特徴

南米の野球


南米の野球のイメージというと、とにかく攻撃的であることが挙げられます。 例えば日本だと、攻撃よりもまずは守備に重点を置くと思います。

だからこそ日本には良い投手が数多く存在しますし、野球の最高峰であるアメリカのメジャーリーグで、野手と比べてはるかに成功を収められるのかもしれません。 そのためメジャーリーグの各球団は、今も日本人投手を獲得しようとシーズン中に何度も来日して、非常に多くの投手をチェックしています。日本のピッチャーの能力の高さが、すでに世界で証明されている所以です。

逆に南米の特徴は世界でも稀な攻撃力にあるせいか、投手陣よりも野手陣にスター選手が多いように感じます。 日本人選手とは根本的に体のつくりが違うせいか、バットに当たるとはるかにボールを飛ばすことができます。 また筋肉の違いのせいか足の速さも桁違いで、盗塁や走塁面はもちろん、守備でもその実力を如何なく発揮しています。

最近では代表戦も増えてきたので、もう少し全体的に野球のレベルが上がれば、いずれ日本の手強い相手として国際大会の舞台で立ちはだかるかもしれません。


ページTOPへ戻る