大家友和 メジャーリーグで花開いた日本人選手


メジャーリーグに挑戦するにはFA権を取得するか、ポスティングシステムで移籍するか、もしくは自由契約で移籍するかのいずれかで、その大半はFA権、もしくはポスティングシステムです。 その中で大家友和さんは日本人選手では珍しく自由契約でメジャーリーグに挑戦することができた1人です。

横浜ベイスターズに入団し、横浜が優勝した1998年オフ、前もって希望を伝えていた挑戦が了承され、自由契約となり、レッドソックスとマイナー契約を結びました。 その後、マイナーリーグで大活躍し、実力を示したうえでメジャー契約を勝ち取り、マイナーとメジャーの往来が始まります。

マイナーリーグで完全試合を達成するなどマイナーでは成績を残しながらメジャーではなかなか活躍できない状態が続く中、当時のエクスポズに移籍し、2002年、03年と2ケタ勝利をマーク。 野茂英雄さんに続くメジャー50勝を成し遂げました。 日本よりアメリカでの活躍が目立った珍しいタイプの日本人選手です。


ページTOPへ戻る