スポーツ選手の強さバレーボールの清水邦広選手について


スポーツ選手には、その競技に関する技術はもちろんのこと、心の強さや体の強さも兼ね揃えた選手が活躍を続けることができます。 バレーボールの「清水邦広」選手は、技術に加えて心と体も強いスポーツ選手のひとりです。 清水邦広選手が競技を始めたのは、小学校4年生の頃からです。

その後も競技を続け、大学在学中の2007年に、全日本代表オポジットに選出されます。 そして、2007年に東京で行われたワールドリーグ大会に招集され、全日本代表デビューを果たしました。 翌年の2008年には、21歳で北京オリンピック代表に選ばれました。

2009年に行われたワールドグランドチャンピオンカップでは、銅メダルの獲得に大きく貢献し、ベストスコアラーを獲得する活躍を残しました。 Vプレミアリーグにおいても、優勝に貢献し、最高殊勲選手賞などのタイトルを獲得しました。 今後においても、所属チームでの活躍のみならず、代表チームでの活躍も期待される選手のひとりです。


ページTOPへ戻る