柔道を極めた松本薫というスポーツ選手


柔道を極めた松本薫氏には、スポーツ選手としての特異なエピソードがあります。 彼女は野生のハクビシンを捕獲し、一人暮らしの自室で飼うようになりました。

ハクビシンは、ジャコウネコ科の哺乳動物で、アライグマに似た顔をしています。 ところが、ハクビシンには凶暴な性質があり、なかなか言うことを聞かないのです。 そのため、餌やりをしようとしても、暴れ回ってしまいます。

彼女は餌をやるために、ハクビシンのスピードについていくようにしました。 そのことが、彼女の猛烈な野獣的ファイトスタイルにつながったと言われています。 また、捕獲する獲物を追うハクビシンの動きのまねをするようにもなりました。

ハクビシンの動きのまねをすることで、スピード感あふれる動きになったとも言われています。 彼女の心技体の鍛え方については、ハクビシンという動物の存在が大きく影響しています。 彼女は試合直前に、大声を出して気合を入れています。

この野性味を帯びたルーティンも、ハクビシンから習得したものかもしれません。 スポーツ選手としての松本薫氏には、以上のような興味深いエピソードがありました。


ページTOPへ戻る