サッカーのメガクラブの監督

メガクラブの監督


欧州のサッカーメガクラブは「常勝」である事が求められます。 潤沢な資金による有力な選手の獲得や整った練習環境がある中、メディアやサポーターからの厳しいプレッシャーの中勝ち続けなければいけないのです。

選手たちはもちろんですが、メガクラブにおいて批判の対象となるのは、恵まれた環境の中結果を出せない監督や経営陣に向けられます。 とはいえ経営陣は実際にフィールドに立つわけでもなく、試合中に指示を出すことも出来ません。 サッカーの勝ち負け、特にメガクラブにおける責任者は監督になるのです。

27年間マンチェスター・ユナイテッドという世界有数のビッグクラブには、27年間常勝軍団としてチームを指揮したアレックス・ファーガソン氏がいました。 しかしファーガソン氏退任後のマンチェスター・ユナイテッドの監督に就任したデイビッド・モイーズ氏はチャンピオンズリーグの出場権を逃し、下位チームにも勝てず、1年と経たないうちに解任されてしまいました。 選手以上にナーバス、且つシビアな立場といえます。


ページTOPへ戻る