マネーロンダリングに使われている

マネーロンダリング


ヨーロッパで容認されているスポーツ賭博は、インターネットの普及によりその利用者が格段と増えています。 2011年にヨーロッパでスポーツ賭博が規制緩和されたことにより、インターネットでの参加者が増加しました。 その結果、スポーツ賭博の市場には巨額の賭け金が集まり、その額は5000億ユーロとも言われ、麻薬取引を上回るとも言われています。 特にヨーロッパではビッグビジネスのサッカーは、その対象となっています。

これほどまでに成長した市場ですが、同時に違法なスポーツ賭博や、八百長といった不正が次々と確認されているのも、残念ながら事実です。 ロッカーに薬物入りの水を置いて選手をドーピングする、借金を増やされた選手が八百長に加担する、といったことはスポーツ賭博が容認されている以上、以前からありましたが、動くお金が巨額になるにつれ、その頻度も増えているのが実情です。 問題はこれだけではなく、これらの賭博がマネーロンダリングに使われています。

世の中に流通できないお金を、勝ち負け引き分けすべてに賭け、資金を洗浄するのです。 規制緩和により市場が成長する以上、今後増えていくであろうサッカーへの影響が心配されます。


ページTOPへ戻る