ヨーロッパで横行する賭けサッカーとその八百長疑惑について

八百長疑惑について


ヨーロッパのサッカーは世界的にもレベルが高く、トップクラブになると非常に見ごたえのある試合を見せます。 日本人も数多く活躍し、一見八百長など無縁のように見えますが、下部リーグになると横行しているのも事実です。

サッカーはチームプレイであるため、わざとどちらかが負ける等のことは、あからさますぎてできません。 ではどうするのかというと、ヨーロッパでは八百長のほとんどが審判を巻き込んで行われているのです。 審判が加担する方法は様々あり、ロスタイムを操作したり、些細なことでも反則にしたりも含まれます。

ところで、ヨーロッパで賭けサッカーが横行する背景には、各国で試合をするところにあります。 日本のように国内だけでなく、各国間で日常的に試合ができるためで、盛り上がり方も凄まじく、また、発症の地であると同時に、賭けの内容も日本に比べて細分化されています。 どちらのチームが勝つかだけでなく、点数は何体何なのか等、細かく賭けの対象が分けられています。

それほどまでに、サッカーが日常生活の一部として国民に溶け込んでいるということです。


ページTOPへ戻る