ヨーロッパサッカーの経済効果

経済効果


ヨーロッパサッカーの人気はヨーロッパのみならず、世界中でビッグチームの試合が楽しまれています。 そのため有料放送のスポンサー料やチケット代、関連グッズの販売などで大きな収益を稼ぐビッグチームも数多く存在しています。

とりわけスペインやイタリアといった南欧ではサッカー人気が高く、その経済効果は一国のGDPを左右するほど大きなものとなっています。 またファンのみならずとも注目度が高いために、サッカーが賭けの対象となっており、その額の大きさはしばしばメディアでも取り上げられるほど話題になっていました。 世界的に見ても競技人口が多いスポーツであり、今後も新興国を中心に競技人口の拡大が見込まれています。

それに伴い、ヨーロッパのクラブチームはビジネスを新興国にも展開中であり、成長余地の乏しい先進国から成長市場の新興国いかに稼ぐかが企業経営の鍵だと言われています。 今後もクラブチームはサッカービジネスを通して、全世界に大きな経済効果をもたらすことが予想されます。


ページTOPへ戻る